卵巣嚢腫、子宮筋腫の手術後、4日目で激痛に襲われる



手術後4日目にして経験したことのない激痛が・・・

卵巣嚢腫の細菌感染が原因で右側の卵巣と卵管を全切除するという手術を受けました
その手術後4日目にして、これまでに経験したことのない激痛が私を襲ったのです。

 

いつ、どのくらいの痛み?

私、入院前は朝食をだいたい8時ちょっと前ころに食べていました。
ところが病院に入院すると、朝食の時間は7時ころ。

 

朝一って、ちょっと食欲湧いてないので、牛乳だけを先飲み(!?)し、その後8時ころに朝食を食べていました。

 

手術後4日目の朝、朝食前の牛乳タイム。
牛乳を飲んで15分くらいしたころ、激痛が私を襲ったのです。

 

痛みの段階でいったら10段階のうち9.5っていう感じ。
痛くて、うずくまったまま動けません。
声は当然出せず、呼吸するのもやっとやっとっていう感じ。

 

たまたま来た看護師さんも心配するほどの動けなさっぷり。
受け答えできないから、看護師さんもビックリしたようです。

 

・・・っていっても、10の痛みってよくわかんないけど、たぶん気を失うほどの痛みってことで(笑)

 

そのくらいの激痛だったんです。

 

 

激痛の原因は?

数分間、激痛をこらえた後、やっとちょっと動けそうになった時にトイレに行きたくなりました。
そしてトイレで排便すると(ウンチをだすと)、ウソのように痛みが治まったのです。

 

激痛の原因は、どうやら腸が活発に動いたせいのようです。

 

実は私、小さいけど子宮筋腫があったので卵巣と卵管の切除手術と同時に子宮筋腫も切除してもらっていたんですが、子宮や卵巣、卵管の切除した部分に腸が動いて触ってしまい、それで激痛になったのではないかと・・・。

 

看護師さんいわく、「もう硬膜外麻酔の麻酔薬もなくなってるしね・・・。」だって。
昨日の朝はこんな痛みはなかったので、なるほどそういうことか、と納得してしまいました。

 

明日からもこの痛みが続くのかしら・・・。
ちょっと憂鬱です。

 

 

・「No.36 卵巣嚢腫の手術後5日目の様子」へ続く



関連ページ

No.29 卵巣嚢腫の手術にドレーンが・・・
卵巣嚢腫が原因で卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後、しばらくして病室に帰ってきましたが、麻酔が完全に切れると、激痛が・・・。しかも、気づいたらドレーンチューブが入っていました。
No.30 卵巣嚢腫の手術翌日の様子
卵巣のう腫の手術の翌日は痛みが強くてなかなか身体を動かせません。当然ですけどね。手術翌日の朝は、とりあえず内臓の癒着を防止するために立ってみることにしたのですが・・・。
No.31 卵巣嚢腫の手術後の食事
卵巣嚢腫という病気には食事制限をしなくてはいけないような食べ物はなく、手術前は前日の夕食まで普通に食事していました。手術後は、翌日の夕食から始まりました。
No.32 卵巣嚢腫の手術後2日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術翌日は痛みがひどく、トイレに行ってもクラクラしてしまう始末。2日目になるとだんだん症状も痛みも安定してきました。
No.33 卵巣嚢腫の手術後3日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後3日目になるとだんだん症状も痛みも安定してきましたが、今度は違う痛みに悩まされてしまいました。
No.34 卵巣嚢腫の手術後4日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後4日目の朝、回診時に硬膜外麻酔のチューブとドレーンチューブを抜きました。痛みはどうなるのでしょう・・・?
No.36 卵巣嚢腫の手術後5日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後5日目の朝も昨日同様、激痛が走りました。走ったというより激痛が続いています。トイレに行くと落ち着くんですが・・・。
No.37 卵巣嚢腫の手術後6日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で入院し、抗生物質の点滴で治療していましたが、効きが悪く、最終的には卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後6日目の痛みなどはこんな感じでした。