骨盤腹膜炎の手術後6日目



退院に向けての説明もあり。

卵巣嚢腫の細菌感染の治療で抗生物質が効かなかったため、最終的には右側の卵巣と卵管を全切除するという手術を受けました。
そしてようやく6日目です。

 

6日目にして、やっと「退院」という言葉が見えてきました。
今日は退院に向けての説明がある日です。 順調ならね。

 

まず、朝食前に検温と血圧測定です。
体温は36.6℃。手術後4日目くらいから、37℃を切るようになりました。
血圧は正常。問題なしです。

 

そして、問題の血液検査です。
この血液検査で体内の炎症度合を表すCRP値が正常値になっていれば退院OKということでした。

 

とりあえず、採血して結果待ち。
多分結果が分かって、婦人科の主治医の先生が日勤のお仕事を終えると説明に来てくれるはず(笑)

 

とりあえず退院に向けての説明

午後、昼食を食べてから、退院に向けての説明がありました。

 

退院後は、家族などに協力してもらってムリしないでねーとか、こういう食べ物はダメよーとか、そんな説明がほとんどだったんですが、傷口の保護についてはじっくりと説明してもらえました。

 

傷口には傷口保護用のテープが貼ってあるんですが、退院後は自分で貼り替えるとのこと。

 

病院内の売店で売っている(ドラッグストアにもありますが)、茶色い保護用テープを傷口に対して直角に、テープが重なるように貼っていくんですが、テープの長さや重ね方など、ものすごーく詳しく説明してもらいました。
退院後、1ヶ月から1ヶ月半くらい、1週間くらいの間隔で貼り替えるそうです。

 

退院にはまだ早いけど、説明してもらった後、すぐにそのテープを売店に買いに行ってきました(笑)

 

 

果たしてCRP値の結果は・・・

夕方になって、先生がやってきました。
退院許可が下りるかどうかは午前中に採決した血液検査の結果にかかってます。

 

結果、CRP値は正常だったので退院OK!
よかった、よかった。

 

痛みは残ってるけど、こればっかりは時間に解決してもらうしかない、そんな感じですね。

 

あー、やっと入院生活が終わるーっていう安心感というか、家に帰れるーっていう思いでいっぱいになっちゃいました。

 

 



関連ページ

No.29 卵巣嚢腫の手術にドレーンが・・・
卵巣嚢腫が原因で卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後、しばらくして病室に帰ってきましたが、麻酔が完全に切れると、激痛が・・・。しかも、気づいたらドレーンチューブが入っていました。
No.30 卵巣嚢腫の手術翌日の様子
卵巣のう腫の手術の翌日は痛みが強くてなかなか身体を動かせません。当然ですけどね。手術翌日の朝は、とりあえず内臓の癒着を防止するために立ってみることにしたのですが・・・。
No.31 卵巣嚢腫の手術後の食事
卵巣嚢腫という病気には食事制限をしなくてはいけないような食べ物はなく、手術前は前日の夕食まで普通に食事していました。手術後は、翌日の夕食から始まりました。
No.32 卵巣嚢腫の手術後2日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術翌日は痛みがひどく、トイレに行ってもクラクラしてしまう始末。2日目になるとだんだん症状も痛みも安定してきました。
No.33 卵巣嚢腫の手術後3日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後3日目になるとだんだん症状も痛みも安定してきましたが、今度は違う痛みに悩まされてしまいました。
No.34 卵巣嚢腫の手術後4日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後4日目の朝、回診時に硬膜外麻酔のチューブとドレーンチューブを抜きました。痛みはどうなるのでしょう・・・?
No.35 手術後4日目で今までにない激痛が・・・
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。ついでに(笑)私は小さかったけど子宮筋腫も一緒に切除してもらっていました。手術後4日目の朝、これまでにない激痛が襲ってきたのにはビックリでした・・・。
No.36 卵巣嚢腫の手術後5日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後5日目の朝も昨日同様、激痛が走りました。走ったというより激痛が続いています。トイレに行くと落ち着くんですが・・・。