骨盤腹膜炎の手術後5日目



排便痛がかなりつらい・・・

卵巣嚢腫の細菌感染の治療で抗生物質が効かなかったため、右側の卵巣と卵管を全切除するという手術を受けた5日後の朝です。
あっ、小さいけれど子宮筋腫もあったので、この手術の時に一緒に子宮筋腫も切除してもらっています。

 

昨日と同じく、朝食に出てくる牛乳を朝食より先に飲み、ちょっとすると激痛が・・・。

 

やっぱり激痛が走るのです。
激痛が走るというより、激痛が続いているという感じです。

 

牛乳の効果(?)で腸が活発に動き、排便を促してるんだろうと思いますが、ちょうど子宮や卵巣、卵管の切除したあたりに触ってしまうのでしょう。
私の子宮筋腫は子宮の裏側というか奥の方にあったので、ちょうど内臓の傷口は腸が当たる場所なんだと思います。

 

また今日も、うずくまったまま しばらくじっと痛みをこらえていました。
ちょうど看護さんがきたのですが、今日も受け答えできるような余裕はなく・・・。

 

とりあえず、看護師さんは私の痛みが落ち着くまでそばで見守って(!)くれていましたが、私がトイレに行くタイミングで、「しばらくしたらまた来る」と言い残し、病室を出て行きました。

 

私はトイレでまた痛みと戦うわけです。
とりあえず排便が終わるまでね。

 

ウンチが出てしまえば、後はスーっと、何事もなかったかのように(っていえば大げさですが)痛みが引いていきます。
とりあえず今日の一大事は解決した、そんな感じです。

 

朝食後に痛みはあるの?

トイレに行った後、他の患者さんより遅くなってやっと朝食開始です。
手術そのものの痛みはだんだん落ち着いてきているので、動かなければ目立った痛みはなくなっています。

 

食事をしても、胃が痛いということもなく、食事後は腸も動いているはずですが、痛みはありません。
排便痛ってよく聞きますが、ほんと、私の場合は排便時だけの痛みです。

 

そういえば入院前も排便痛、ひどかったです。
今ほどではないですが、相当な痛みがあり、やっぱり風邪じゃないよなぁ・・・と思っていました。

 

この時はすでに卵巣が腫れあがっていたはずなので、今と同じように、腸が動く時に当たってしまっていたんでしょうね。
今思えば、あの時の痛みの原因にも納得です。

 

 

・「No.37 卵巣嚢腫の手術後6日目の様子」へ続く



関連ページ

No.29 卵巣嚢腫の手術にドレーンが・・・
卵巣嚢腫が原因で卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後、しばらくして病室に帰ってきましたが、麻酔が完全に切れると、激痛が・・・。しかも、気づいたらドレーンチューブが入っていました。
No.30 卵巣嚢腫の手術翌日の様子
卵巣のう腫の手術の翌日は痛みが強くてなかなか身体を動かせません。当然ですけどね。手術翌日の朝は、とりあえず内臓の癒着を防止するために立ってみることにしたのですが・・・。
No.31 卵巣嚢腫の手術後の食事
卵巣嚢腫という病気には食事制限をしなくてはいけないような食べ物はなく、手術前は前日の夕食まで普通に食事していました。手術後は、翌日の夕食から始まりました。
No.32 卵巣嚢腫の手術後2日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術翌日は痛みがひどく、トイレに行ってもクラクラしてしまう始末。2日目になるとだんだん症状も痛みも安定してきました。
No.33 卵巣嚢腫の手術後3日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後3日目になるとだんだん症状も痛みも安定してきましたが、今度は違う痛みに悩まされてしまいました。
No.34 卵巣嚢腫の手術後4日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後4日目の朝、回診時に硬膜外麻酔のチューブとドレーンチューブを抜きました。痛みはどうなるのでしょう・・・?
No.35 手術後4日目で今までにない激痛が・・・
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で、卵巣と卵管を切除する手術を受けました。ついでに(笑)私は小さかったけど子宮筋腫も一緒に切除してもらっていました。手術後4日目の朝、これまでにない激痛が襲ってきたのにはビックリでした・・・。
No.37 卵巣嚢腫の手術後6日目の様子
卵巣嚢腫が原因の骨盤腹膜炎で入院し、抗生物質の点滴で治療していましたが、効きが悪く、最終的には卵巣と卵管を切除する手術を受けました。手術後6日目の痛みなどはこんな感じでした。